忍者ブログ

2011

0710

タイトルをこうやって書くと暗そうな話に聞こえますね。事実、ちょっと前まではかなり暗い気持ちに包まれていました。不眠に悩まされていたからです。
結局は解決しちゃったわけですが、ゲーム製作にも響いてしまったので今回はそのことについて書きます。

二週間ほど前に不眠に突然陥り、しばらく続いたので困りました。
寝るべき時間に眠れなくて悪いことばかり考えて、その状態で次の日仕事に行って、帰ってきてゲーム製作を始めて、しかし眠たくなって作業が進まず、それでいらいらして、寝る時間になったらまた眠れず、悪いことを考える、という悪循環を繰り返していました。

寝るのはかなり好きです。今回のようなケースは自分にとって異常事態でした。理由を探らないと解決しないわけですが、不眠と同じくらいの時期に仕事関係でストレスが溜まっていたので、最初はそれかなぁと思いました。
しかし、その場合はストレスを生じるものが取り除かれない限り解決しません。というわけで、様子を見ていたわけですが、不眠が直る気配は一向になく、むしろそのせいでストレスが溜まる一方でした。

そんな中、あることにふと気づいて、やってみたら不眠があっさり治りました。原因は寝る前に飲むお茶にあったのです。
今になってみれば何でそんなことに気づかなかったのだろうと思いますし、読んでる人も当たり前だと思うかもしれませんが、日常生活の自然な流れで気づきにくくなっていました。
不眠になる前は寝る前にほうじ茶を飲んでいて、それにはカフェインがほとんど含まれていなかったので、睡眠を害されることはありませんでした。しかし、それが切れてしまったので、何となく番茶みたいなのに切り替えてしまいました。これがいけなかった。このせいで眠れなくなっていたようです。これを飲むのをやめたらあっさり眠れるようになりました。

もっとも、番茶を飲むのをやめるのと仕事上のストレスがなくなるのがほとんど同じ時期だったので、完全に番茶のせいにはできません。
しかし、身体上の不調が生じたときに、それを安易にストレスのような精神的なもののせいにするのではなくて、日常生活に関わる物質的なものに原因がないか考えてみることは重要なことなんだなと思いました。

ここまで言って即座に断らなければなりませんが、過剰勤務などのストレスで身体や心の病気に苦しんでいる人たちがいるのは確かで、社会問題になるほど深刻化しているのは事実であると認識しています。
日本では、そういう病気に対する正しい理解が何故か浸透せず、最悪の場合は本人の怠惰とみなされる場合があります(はっきり言って、人を怠惰と戒めたところで何も解決しません)。現状がもう少し改まればいいなと思っています、ということを付け加えておきます。

 

拍手[0回]

PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
アトリエそらくじら
性別:
非公開
自己紹介:
ゲーム(主にRPG)の作成をしています。
そらくじらAのツイート
バーコード
ブログ内検索
その他
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP