忍者ブログ

2012

0305
Aですっ。「Twinkle Light ―照心―」を更新しました。最新のverは1.1です。

大きな変更点として、市場や店で購入できる品物に所持数制限をつけました。前版においては制限なく買うことができて、ある品物については、その売買を繰り返すだけで十分なお金が手に入ってしまうという何とも味気ない展開にすることが可能でした。今回の更新ではそれを防いだわけですが、結果としてクリアへの逃げ道がなくなってしまいましたので、他の品物の値段を調整したりイベントを追加したりして埋め合わせをして、結果として前よりもユルい難易度にしてしまいました。

要するに今回の更新はバランス調整ですので前版で全然構わないよ~っていう方は、特に差し替えなくても大丈夫です。
今月中には細かいイベントを修正して話の筋をさらに整えたものをあげたいと思っています。
さらに本編の「Twilight港町」の方も更新したいと思っています。今月は更新作業がメインになっちゃうかな。

ここ」をクリックするとダウンロードのページに移ります。
ここ」をクリックすると紹介ページに移ります。

この日記を書く前にウディフェスの作品をプレイしていまして、これは面白いや、と思ったものを一つ書いておきます。
「WTD(ヒマノミさん)」
自陣に攻め入る敵軍を、兵士や罠を配置して迎撃するシミュレーションゲームです。敵を待ち構える様子をスクリーンショットにするとどうしても地味に見えてしまうのですが、実際にプレイしてみると結構派手な迎撃戦が繰り広げられます。Easyモードでクリアした上での感想ですが、バランスはよく練られていて、敵の種類も豊富で飽きが来ることなく、作戦が上手く決まったときの敵を圧倒できる様は最高です(自分がどちらかというとSだからかもしれないけど)。
この手のジャンルは操作方法の難解さがプレイの壁になってしまう場合がありますが、この作品においてはそれがなく、一度プレイすればルールがすぐに飲み込めるようになっています。戦略ものが苦手な人でもきっと楽しめるのではないかと思います。

「Twinkle Light ―照心―」へのご感想、本当にありがとうございます。折角ですので製作に関するこぼれ話を追々していこうと思っています。
以下、拍手コメントに対するご返信です(広告より下にある「つづきはこちらから」にて)。

ナーゴさん、
ご感想ありがとうございます!ベストエンディングまで見ていただけて何よりです。
根回ししないと、あの落札しようとする勢いに驚かされますよね、というようにしたかったんです。
ラムネのくだりは演出など含めてかなり実験のつもりで作りましたので、どのように受け止められるか、結構不安に感じていました。だけど印象深いといってもらえて良かったです。
この作品は中身の物語だけでなく、製作者側にとっても何か回顧的なんです。この作品を公開したときに「面白いと言ってもらえたなら、それは一人のプレーヤーだけでも十分」という初心を思い出しました。今も改めてそれを感じるわけです。

拍手[2回]

PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
アトリエそらくじら
性別:
非公開
自己紹介:
ゲーム(主にRPG)の作成をしています。
そらくじらAのツイート
バーコード
ブログ内検索
その他
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP