忍者ブログ

2014

0803

ぐあっひゃ、Aです。前回の記事に拍手をいただきありがとうございます。
ウディコン始まってアレなんですけど、ちょっと前までふりーむ!の第9回コンテストで受賞したゲームを遊んでいました。
だから久々に感想でも。


タイトル:オヴェルスの翼
ジャンル:RPG
プレイ時間:ゲームオーバーなどのやり直し含めると45時間くらい

いやあ、すんごい長かった、すんごい厨二だった。
自分がプレイした中でも最長のフリーゲーム。
後半は何で自分こんなにがんばっているんだろうと思えるくらい長かった。
だけど、最後までプレイさせる力は確かにあった。
実際におおおかっけえと思えるシーンあったし。


私の脳は神獣の細胞に浸食されました。

だけどですね、クセが非常に強い作品なので、「お勧め!」と言えるほど自分は純朴になれません。
大丈夫な人には大丈夫(←自分の場合こっち)、
無理な人は酷評するんだろうなあと思いながらプレイしていました。

好き嫌いが分かれそうな部分を挙げると、まず、すんごい一本道なんだ。
物語→ダンジョン→物語→ダンジョン…の繰り返しで、主人公が世界を一筆書きで制覇する。
一本道が大丈夫な自分でも気になったほどで、だけど別の見方をすると、この構成で35時間越えの物語を書ける想像力に感服。

次に、戦闘が大味なんだ。決してバランスが悪いという意味ではなくて。
状態異常が結構幅を利かす上に、敵の行動パターンがほぼランダムで決まる。
いわゆる「乱数に頼りすぎ」っていうやつで、さっきまで楽に勝てた雑魚に(状態異常連発されて)突然苦戦する場合がある。
ボスが回復を連発するときもあれば、数回の再戦の後に初めて見せる技もある。
たぶんここが挫折しやすいポイント(実際自分も数回挫折しかけた)。
「運も実力のうち」とは思えなかった。

あと、台詞が直感的なんだ。決して雰囲気ゲーのような感じじゃなくて。
「解する言葉が伝えるのは意味だけだ。感じる言葉に千の世界がある。」
っていう言葉を聞いて(これはゲーム中ではなく自分の造った言葉だけど)、「ああ、あれのことね」ってわかる人じゃないと、登場人物が何を言っているのかわけわからないかもしれない。

以上が別に大丈夫だよっていう人、毎回数時間のプレイを数日分コツコツ続けられる人なら、既にこの世界の住人です。


Wizarien Hearts -THE LOST TRUE MEMORIA-
ジャンル:RPG
プレイ時間:8時間弱くらい

最優秀賞獲った作品ですね。賞のタイトルに恥じないくらい完成度の高い作品でした。

だけどですね、第一印象で果てしないくらい損をしています。

ここでいう「第一印象」とはグラフィック的なことではありません。
演出含めた画像表現はむしろワオ!ビューティフル!ワンダホー!です。いや冗談じゃなくて。
だけど最近のプレーヤーはそれだけでのめりこむほど警戒心が緩くはない気がするのです。

システムがたくさんあって、それが一気に文章で説明されます。
置いてけぼり感半端ない。
人によっては完成度高いだけのシステム面倒系か?ってなるはずです。

だけどですね、第一印象よりも実は面倒なゲームではないのです。
ゲームを進めるためにやることは限られていて、全てのシステムを理解する&こなす必要はありません。
実際にシステム面倒臭い自分にも快適にプレイすることができたし。
最初で投げた人はちょっと我慢して続けてみるのがいいかも。

だけどですね、ってまたひっくり返しちゃうんですけど、その「実は楽」っていうのがシステム重視プレーヤーには物足りないものになるかも。
システムがたくさんあるのに活用すればいいのは数種類だけって、人によっては「システムに整合性が取れていない」って言うかも。
自分なんかは面倒くさいよりかはマシだろうと思うのですが、気になる人は結構気になるかも。
あと、ストーリーが若干薄めなのが、気になる人は結構気になるだろうと。

というわけで、第一印象にとらわれずにプレイし続ければ良さがわかる作品。

拍手[0回]

PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
アトリエそらくじら
性別:
非公開
自己紹介:
ゲーム(主にRPG)の作成をしています。
そらくじらAのツイート
バーコード
ブログ内検索
その他
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP