忍者ブログ

2012

0514

Bです。Savedtektyさん製作の「Deazon」を先日クリアしました!
(ふりーむ!コンテスト長編RPG部門銅賞)
というわけで感想を書いてみます。プレイにはRPGツクール2000のRTPが必要です。

サイドビュー形式のRPGです。
大学受験を控えた主人公メグと同年代の少年少女が、本の中から飛び出してきた
呪いの宝石「オビディヴェンジ」と魔物「ファントム」達から現実世界を守るために
本の登場人物や筆者のハルキと協力して戦う物語です。

これでもか!というくらい戦闘に焦点を当てた作品です。
スキル、連携技、フィールド効果、属性、状態異常、というように
今述べただけでもたくさんの要素があり、
これらを全て駆使することが勝つための条件となります。
一部のボスは負けながら弱点を探り当てる必要があり、
つまり死んで覚えろってことですね。というわけで難易度は高めです。
が、強敵についての攻略方法は作者さんのサイトで掲載されていますし、
難易度の変更も(ゲームの途中であっても)できますので、
安心して物語を進めることができると思います。
実際に私は途中で難易度を下げてクリアしました。

アツい展開の物語で、少年少女が自らの弱点や過去の傷と立ち向かい
互いに成長していきます。各人物の個性が滲み出ており、
また互いにぶつかり合う場面では
こちらの心もアツくなるような演出がなされています。
本の登場人物や筆者が少年少女の決死の活躍ぶりを目の当たりにして
次第に心情が変化したり決意が強まっていく描写にも心を動かされ、
シナリオ面でも演出面でもかなりおなかいっぱいになれる作品です。
戦闘エフェクト・キャラドットも細かく作りこまれていて、
総じてクオリティの高い作品です。

とは言え、覚えるべきことや気を配るべきことが沢山あるので、
頭からっぽではクリアできないことは確かです。
システムの説明が充実していて親切設計であることは間違いないのですが、
それでもカバーできないほど覚えるべきことがたくさんあります。
頭パンクした私はセーブポイント間のワープ方法を忘れて徒歩で戻っていました。
相談コマンドのようなさりげない部分に
システムの大事な部分を思い出させる台詞を含めたり、
ボス戦で役立つような状態異常やスキル同士の相乗効果についての
会話があったりしても良かったかもしれません。
ミハルちゃんのアレが、レベルが上がるとナニな付加価値がつくだなんて…!

逆の見方をすれば、(製作者さんの目指された)命を賭けた戦いのスリルや戦略が
かなりの密度で凝縮された作品です。
周回プレイ(一部の能力を引継可)で真価を発揮するかもしれません!

個人的に本の中の登場人物達が大好きです。一家に一台ペットリーを!
あとミハルちゃんは顔グラが非常に好みです。何よ、タレ目イイじゃない…///

ドットでの表現がとても細かく、勉強になる作品でした!

拍手[0回]

PR
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
アトリエそらくじら
性別:
非公開
自己紹介:
ゲーム(主にRPG)の作成をしています。
そらくじらAのツイート
バーコード
ブログ内検索
その他
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP