忍者ブログ

2012

0526
こんにちは、段々暑くなるに従ってテンションは反比例、Bです。
でも洗濯物がカラッと乾くのはうれしいことですね。

Twilight港町をver.1.5に更新しました。
掲示板で頂いていたバグ修正と一部技の内容・エフェクトの見直しを行い、
更にNum0/Insキーでキャンセル・メニュー呼び出しができるようになっています。
前版までのセーブデータを引き継ぐことができますので、
お気軽に最新版で遊んで頂けたら嬉しいです!

近況です。
Bの立ち絵試行錯誤もそろそろ決着が近づいているような気がします。
色々やってみたり情報収集をしてみた結果、
どうやらやはり縮小前のキャンバスサイズを大いにミスっていたようで(汗
色々なサイズで作成しては色塗りまでしっかりやって
ウディタに突っ込んで具合を確認する日々でした。
ツイッターで色々な方から情報を頂いたおかげでちょっとずつ進めました。

お絵かきのソフトで見ているのとウディタ上で見るのはまたちょっと違っていて
当たり前ですがウディタでOKでないと何も意味がないので

こんな感じで急きょ即興のおねいさんを作って動かしてみたりしていました。
線画はコミスタで作っていますが、細い線が描けないよね~と思っていたら
色々いじくっているうちに筆圧検知機能をいじってしまったらしく
今度はド細い線まで描けるようになってしまいました。
これはこれでなかなか困る事態なのですが、良しとします。
今までの画像ひっぱってきて同じ太さになるように調節すれば良いだけですものね。
カラーもSAIでなんとかいけそうです。
目途がついてきたので、次作の子達を次々に新しい方法で作り直して行こうと思います。
傷は浅いうちに処置した方が楽なので、
今は急がず煉瓦を積み重ねるが如く 一つ一つ確実に進めて行きます。

拍手ありがとうございます!進みは遅いですがしっかり進めてまいります!

拍手[2回]

PR

2012

0512
順調に貯めていたゲームをクリア中です、Bです。
Twilight港町をver1.4に更新しました。
戦闘バランスを簡単な方に修正して、
一部の立ち絵を思い切って書きなおしちゃいました。
特に

この人は進行次第でこんな立ち絵になります。
あー、こんなんだからギャルゲー扱いになっちゃうんだよー。
でも、どうせなら、もうやっちゃえよ!ユー!ということで
初の表情差分に挑んでみました。
ナッちゃんもガラリと変わっています。
他もちょこちょこドット単位で直したり線から引き直してたりと
一律同じクオリティになるように頑張りましたので、
これを機にもう一度遊んで頂けたらうれしいな~って思います~(ユナ)
(イベントやシナリオの追加等はありません)

ゲームのDLはこちら(クリックでふりーむ!ページ内にリンク)からどうぞ。

今月中にもう一回更新を予定しています(掲示板で頂いた不具合の件です)。
それ以外にも不具合やこれバグじゃね?というものがありましたら
またご連絡頂けたら嬉しいです。


拍手ありがとうございました!
コメントへのお返事は広告下「つづきはこちらから」からどうぞ!

拍手[1回]

2012

0428
第7回ふりーむ!ゲームコンテストで「Twilight港町」が「萌え部門銀」を受賞しました。
ありがたいことです。
これに関する私たちの感想は、ふりーむ!サイト内に記載されているコメント通りですので、そちらを是非ご覧ください。
 
こちらをクリックするとふりーむ!内結果発表のページ移ります。
http://www.freem.ne.jp/contents/event/contest/fgc/7th/
 
他の受賞作品の中で気になるものを抜粋しておきます。
 
まず、第一回ウディフェスで「救いの手を。」と第二回ウディフェスで「にゃんこと暮らそう。」を投稿された
★水月さんの「診療所~開業医Dr.まゆち」です(アイデア部門銀賞)。
こちらはウディタ製ではなくRPGツクール2000製であり、RTPが必要なためまだプレイしていませんが、仲良しさんの作品は是非ともCheck it out!しておきたいですね。
 
ウディタ製のゲームでは、
ノリさんの「ロマンピースを探して」(長編RPG部門金賞)、
red pixyさんの「ハクスラ」(長編RPG部門銀賞)、
iさんの「LiberationFrom外伝2」(健闘賞)
がRPG作品として受賞しています。
上の二つは既にプレイしました。「ロマンピースを探して」は家電量販店やダイエーの清潔感を思い出させるくらい爽やかな雰囲気のRPGでした。「ハクスラ」は高難易度の玄人向けのダンジョン探索RPGでした(難しいのでまだクリアできていません)。何より三つともRPGであり、WOLF RPGエディターがしっかりとRPGの製作ツールであることを見事に証明しました (?)。
 
こちらもウディタ製のゲームですが、
睦涼さんの「オニアソビ」(ホラー部門金賞)、
J.Belemさんの「SPLIT LIFE」(ホラー部門銀賞)
がホラー部門で受賞しています。
「SPLIT LIFE」は先ほどプレイしました。脱出ホラーに分類されると思いますが、流血表現・脅かし要素ともに抑えめですので、一般のホラーよりも適応層が広めであるように思います(欝エンドに抵抗がなければ、ですが)。幽体離脱を利用する謎解きが何故脱出しなければならないかという理由と絡み合って「その作品らしさ」を作り上げています。攻略方法が製作者さんのHPにありますので安心して遊ぶことができます。
 
最優秀賞の「コネクトネイバー(蔦森くいなさん)」はツクール製ですがRTP不要で遊ぶことができます。オープニングの演出は個人製作の域を超えていて驚かされるばかりです。一見するとアニメーションに見えて実はピクチャ表示を上手く駆使している部分もあって製作の参考になります。サブイベントが盛りだくさんで時間のある人向けの作品であると思います(実際に私はまだクリアしていません)。惜しい点を挙げるとすれば主人公が小学生と低年齢過ぎるため私の心の琴線に触れないことぐらいでしょうか(全然惜しくない)。
 
 
以上です。最後に、「Twilight港町」をプレイしてくださった方々に改めて感謝申し上げます!
 
拍手ありがとうございます。コメントへのご返信は広告下の「つづきはこちらから」へどうぞ。

※28日夜と29日午後に上記内容を一部修正致しました。

拍手[4回]

2012

0328
Aです。Twilight港町を1.3版に更新しました。
 
今回の更新はちょっと大きめです。
 
まず、誰かさんの降我の立ち絵が変わりました。
以下のように、って、やらしーわねー。ぼやかすだなんてー。
画面の近くで見るより遠くから見たほうが全体像がわかりやすいかもしれません。人間のおめめって不思議ですね。
twilight_old.png twilight_new.png
 
変更すべきかどうかについてはかなり悩みましたが、笑える要素はそのままにしてクオリティを高くしようという話になり、今回のような姿に変わりました。ちょっと格好良くなっているから悔しいんですけどね。回復役のくせに。
 
他のめぼしい点としては、
・ナツの最強技のエフェクトが変わりました。
・オープニングのアニメーションもどきが少し軽くなったかもしれません。
 
以前の版のセーブフォルダをそのままコピーしていただければ引き継いでプレイすることができます。既にクリアされた方も他の子を狙って是非遊んでみてください。それはもう喜びます。
 
こちらをクリックするとふりーむ!のページに移ります。
 
お気づきの点がありましたら掲示板やメールでご連絡ください。もちろん、ここのコメントからでも大丈夫です。

拍手[1回]

2011

1127

またまたAです。Bのファンの人がいたら、ごめんね。

Twilight港町を1.2に更新しました。
今回の更新は大きいです。
何が大きいって、ナタギの戦闘時の衣装が変わりました。
Twilight_4.pngnew_natagi.png
Before    After

前版がダサいというご意見を受け、変更することになりました。
もともとおしゃれな設定ではないので、ウルト○の母のようなレスリングスタイルにして満足していたわけですが、いざ第三者の視点でダサいと言われると、あ、そうですよね、ダサいかもですよね、という気持ちになり始め、今回の変更に至ったわけです。
だいぶかわいくなりましたね。根はかわいい性格なので、ゲーム中で受ける印象が少し変わるかもしれません。

もし、前の方が好きな人がいたらごめんなさい。差し戻すことはありませんので、変更が耐え難かったら、1.1以前の版を残しておいてください。ちなみに前版の彼女は後日ホームページの中で復活させます。

加えて、進行に関するバグを修正しました。主人公が一人でラストダンジョンに突入できてしまうという本筋無視のしらけるバグ、歩行速度を変えると強制移動が生じるする際におかしくなってしまうバグ、を修正しました。

更新版は今までと同じようにふりーむ!から入手することができます。

ここをクリックすると移動します。

ナタギ以外にも主人公のアレの姿が吹くという意見がありましたが、あの姿は多少ツッコミをいれてもらう目的もあるので現在は様子を見ています。もし、あの姿を変えてほしいという意見が他にも散見するようでしたら変えるかもしれません。


話は変わりますが、Twilight港町の紹介ページにQ&Aのコーナーを設置しました。誰からも聞かれていない、聞いても何の役にも立たない一問一答を集めました。ダラダラした雰囲気が大好きな人は是非見てみてください。

紹介ページトップの下部から移動することができます。
ここをクリックすると紹介ページトップに移動します。

私は決して柔軟な方ではありませんが、プレーヤーの方々からのご意見を取り入れてゲームを成長させることができたらステキですよね。また、そうできるのがフリーゲームの長所の一つかもしれません。おうちに帰るまでが遠足です。公開してからがゲーム製作の本当の始まりです(?)。

拍手[0回]

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
アトリエそらくじら
性別:
非公開
自己紹介:
ゲーム(主にRPG)の作成をしています。
そらくじらAのツイート
バーコード
ブログ内検索
その他
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP