忍者ブログ

2012

0428
第7回ふりーむ!ゲームコンテストで「Twilight港町」が「萌え部門銀」を受賞しました。
ありがたいことです。
これに関する私たちの感想は、ふりーむ!サイト内に記載されているコメント通りですので、そちらを是非ご覧ください。
 
こちらをクリックするとふりーむ!内結果発表のページ移ります。
http://www.freem.ne.jp/contents/event/contest/fgc/7th/
 
他の受賞作品の中で気になるものを抜粋しておきます。
 
まず、第一回ウディフェスで「救いの手を。」と第二回ウディフェスで「にゃんこと暮らそう。」を投稿された
★水月さんの「診療所~開業医Dr.まゆち」です(アイデア部門銀賞)。
こちらはウディタ製ではなくRPGツクール2000製であり、RTPが必要なためまだプレイしていませんが、仲良しさんの作品は是非ともCheck it out!しておきたいですね。
 
ウディタ製のゲームでは、
ノリさんの「ロマンピースを探して」(長編RPG部門金賞)、
red pixyさんの「ハクスラ」(長編RPG部門銀賞)、
iさんの「LiberationFrom外伝2」(健闘賞)
がRPG作品として受賞しています。
上の二つは既にプレイしました。「ロマンピースを探して」は家電量販店やダイエーの清潔感を思い出させるくらい爽やかな雰囲気のRPGでした。「ハクスラ」は高難易度の玄人向けのダンジョン探索RPGでした(難しいのでまだクリアできていません)。何より三つともRPGであり、WOLF RPGエディターがしっかりとRPGの製作ツールであることを見事に証明しました (?)。
 
こちらもウディタ製のゲームですが、
睦涼さんの「オニアソビ」(ホラー部門金賞)、
J.Belemさんの「SPLIT LIFE」(ホラー部門銀賞)
がホラー部門で受賞しています。
「SPLIT LIFE」は先ほどプレイしました。脱出ホラーに分類されると思いますが、流血表現・脅かし要素ともに抑えめですので、一般のホラーよりも適応層が広めであるように思います(欝エンドに抵抗がなければ、ですが)。幽体離脱を利用する謎解きが何故脱出しなければならないかという理由と絡み合って「その作品らしさ」を作り上げています。攻略方法が製作者さんのHPにありますので安心して遊ぶことができます。
 
最優秀賞の「コネクトネイバー(蔦森くいなさん)」はツクール製ですがRTP不要で遊ぶことができます。オープニングの演出は個人製作の域を超えていて驚かされるばかりです。一見するとアニメーションに見えて実はピクチャ表示を上手く駆使している部分もあって製作の参考になります。サブイベントが盛りだくさんで時間のある人向けの作品であると思います(実際に私はまだクリアしていません)。惜しい点を挙げるとすれば主人公が小学生と低年齢過ぎるため私の心の琴線に触れないことぐらいでしょうか(全然惜しくない)。
 
 
以上です。最後に、「Twilight港町」をプレイしてくださった方々に改めて感謝申し上げます!
 
拍手ありがとうございます。コメントへのご返信は広告下の「つづきはこちらから」へどうぞ。

※28日夜と29日午後に上記内容を一部修正致しました。

flammeさんへ、
どちらもプレイしてくださったのですね。ありがとうございます!
あの二作品は相補関係にありますので、続けてやってもらえたとなると製作者としては自分達の出せるもの余すところなく見てもらえたようで本当にうれしいです。
ちなみに、あのゲームが製作できるようになるまで残すところ99票です。
flammeさんの次回作も楽しみにしています。その前に百万迷宮をプレイしてみたいです!

拍手[4回]

PR
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
アトリエそらくじら
性別:
非公開
自己紹介:
ゲーム(主にRPG)の作成をしています。
そらくじらAのツイート
バーコード
ブログ内検索
その他
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP