忍者ブログ

2011

1020

Bです。
秋に入り、ショーウィンドーを見ていると
女性立ち絵が描きたくなります。ポンチョとかマフラーとか。
男性はなぜかあまり描きたくはなりません。不思議です。
ディスプレイがうまいということなんでしょうか。

Twilight港町の製作は順調に進んでおります。
・戦闘システム 99%
・マップ 99%
・メンバー1のシナリオ 99%
・メンバー2のシナリオ 99%
・メンバー3のシナリオ 99%
・メンバー4のシナリオ 99%
・メンバー5のシナリオ 99%
各キャラクターのシナリオがほぼ終了しました。
スタッフロールもほぼ終了気味なので、
あとは細かいところやあんなところやそんなところをこちょこちょやって
デバッグ大会にもつれ込むのではないかと思います。
Aさんの気力もそろそろリミットブレイクが近い気がします。

そんないっぱいいっぱいAさんに代わりましてキャラ紹介その六です。

yuna.png

どこかアイドル的な格好をした女の子ですが、かなりの食通です。美食家です。
穏やかで朗らかな印象が食事の時には一転、たちまち旨味の分析を始め、
美味んぼばりの雰囲気を醸し出します。
何をしていても食べ物のことを考えているため、
話を食べ物に例えたり帰結させる一面もあります。

戦闘では、唯一通常攻撃が全体攻撃のキャラクターなので
序盤は特にこの全体攻撃が役に立ちます。
回復魔法も使え、ストーリーを進めやすいキャラクターと言えます。

Bはユナちゃんを隠れドSだと思っていたのですが、
Aさんの中ではそうでもないみたいです。


おまけ:
誰も待ってない根菜vs.葉物シナリオ続きです。

サニーレタス王「もうやめぬか、ジャガイモキングよ。
 我々のせいでベジ界に混乱が生じているのは貴殿も承知の上だろう。
 なぜ我々が争わねばならぬ。なぜ共にベジ界の繁栄を望まぬのだ。」
ジャガイモキング「貴様には分からぬよ、サニー。貴様ら葉物はいつもそうだ。
 洗えば付け合わせになる。少し千切れば皿の彩りになる。
 我らのように、水からゆでてようやく食卓に上げてもらえる身とは違うのだよ。」
サニーレタス王「ジャガイモキング、それは違う。
 貴殿らのホクホク感がどれだけの人間を幸せにしていることか。
 油の相性も良い。何より、貴殿らの腹もちときたら
 我々葉物のそれとは一線を画している。」
ジャガイモキング「ハッ!白々しいことを!
 貴様らのその憐れみの視線はもうごめんだ。
 貴様らを潰して我らがベジ界を占拠する。
 それが我らの望み、我らの至上目的なのだ。」
サニーレタス王「待て、待つのだ、男爵ー」
ジャガイモキング「何を今さら…昔の名で我を呼ぶのは、やめろ!」


こんなシナリオは人間に置き換えたところで
ホクホクも彩りも付け合わせも何もないので全く困っています。
無駄に長くなりました。

拍手[0回]

PR
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
アトリエそらくじら
性別:
非公開
自己紹介:
ゲーム(主にRPG)の作成をしています。
そらくじらAのツイート
バーコード
ブログ内検索
その他
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP